HOMEに戻る
阪神ボーイズ 指導方針
指導方針

中学生にあたる12歳から15歳の子供たちは、心身ともに未熟であり成長度はそれぞれ違う。だからこそ阪神ボーイズでは勝利至上主義に走ることなく、基本技術が習得できるよう、また、しっかりした考える力を持てるよう、個別指導を心掛けている。

具体的には年間を4期(回復期、強化期、調整期、維持期)に分け、チーム指導・活動を行っているが、年間を通じ個別指導を欠かすことはない。

現在、野球技術に対する指導のほか、各個人の野球ノートを使い、野球についての考え、取り組みを細かく指導している。平日練習では、各個人の課題に基づき、1人1人技術指導をしているが、ノートを活用し、自分を振り返りながら、より効果的に技術修得を目指すようにしている。こうして厳しい練習も自己満足で終わることなく、自己の課題に基づいた根拠のある練習となっている。


また、フィジカル面においては、プロのトレーナーの指導のもと、能力に応じたトレーニングメニューを実践している。もちろん故障者においても同様にトレーニングメニューを考案していて、そしてケアの重要性を示している。

食生活においては、こちらもプロの管理栄養士の指導のもと、個々に応じた具体的な食事摂取について指導している。

これらをふまえ、野球技術についての評価(いわゆる通知表)を出し、走攻守のほか、フィジカル・精神面についても到達点を示し、今後の励みとしている。

このように、チームの勝利を目指しながらも、全員がそれぞれの目指す野球ができるよう、ひとりひとりにきめ細やかな指導を行っている。

現在、阪神ボーイズの卒団生は、全員高校進学後も硬式野球を続け、誰一人脱落することなく継続し、多くが大学進学を果たしている。今年は、大学1年ながら早くもベンチ入りを果たした先輩も出てきた。基本技術修得に徹し、ひとりひとりに対しきめ細やかな指導をしてきたからこそ、成熟する大学時代で高度な応用技術を身につけることができたのであろう。

このように、阪神ボーイズでは、高校進学・甲子園を目標としながらも、大学進学を視野に入れた基本技術の修得、精神面の成長を指導の基本としている。

卒団生の合言葉は「神宮で再会しよう」。大きな夢を持ち、野球に励んでいる子供たちが、10年後も野球が続けていられるよう、これからも指導していきたいと思う。
(公財)日本少年野球連盟 阪神ボーイズ 監督   沢坂 泰史