平成29年度 阪神ボーイズ 新入団 選手募集要項
HOMEに戻る


 平素は格別のご厚情を賜り深くお礼申し上げます。
 さて、平成17年に発足いたしました阪神ボーイズ中学部は阪神ボーイズオリジナル指導法『ケース・スタディ方式』での指導にて選手を育成し各大会に挑んで参りました。3年連続兵庫県代表決定戦までは駒を進めるものの中々勝ちきれずにいましたが、今年の9月に第46回関西秋季大会兵庫県予選にて代表権を3年ぶりに獲得、また平成28113日には近畿全域から集う一年生大会の最高峰、第7回兵庫県一年生大会に於いて部員わずか10人で初優勝という快挙を達成しました。また1113日には近畿、中国、東海地区から強豪が集う第16回奈良万葉大会では、これまた2年生81年生10人という少数で兵庫県のチームとしては初めて準優勝とようやく結果として実を結び始めました。
 昨今、体罰禁止等、旧野球体質の改善を教育論者が唱えるなか実際にはまだまだ気持ちや根性論は後をたたない状況です。その中で阪神ボーイズは丸刈りの禁止や保護者の当番制の廃止等、旧体質を払拭し、怒られてやる練習から脱却して、数をこなすだけの練習ではなく効率を重視し選手個々の『考える力』を養い育て野球界の新時代の幕開けを目指すべく平成29年度の選手募集を開始します。
 最近では、指導者が指導力を高めるのではなく、競争原理に頼った指導方法で人数をいたずらに増やして勝負しているチームも少なくありません。阪神ボーイズは今も昔も深い探求心で指導力を磨き、極めて高く新しい指導方法で選手の潜在能力を最大限に伸ばし大会に挑みます。
 唯一無二のオリジナル指導法で尼崎から日本一を目指す阪神ボーイズの躍動する選手達を見学、または一緒に汗を流しに是非お越し下さい.。


■阪神ボーイズの目指す選手像

   高校進学・甲子園を目標としながらも大学進学を視野に入れた基本技術を修得する。
   あいさつや身だしなみ、礼儀、言葉遣いなど社会で適応できる基礎的な能力を培う。
   中学生の年代に必要な高い技術・戦略知識を身につける。

■募集人数 約20人

■入団について
 阪神ボーイズでは、「体験練習」や「練習生」として練習に参加していただき、児童、保護者の方々に球団の指導方針や練習内容などを理解していただいてからの入団をおすすめしています。

■入団の説明・体験練習のお問い合わせ     

    阪神ボーイズは、随時選手を募集しています。体験練習の参加、お問い合わせをお待ちしております。
       体験練習の参加申し込み・お問い合わせ:
               Tel 090−3863−9389 大橋(伸)
                   090−1671−7572 坂井

■活動内容

曜日

時間

内容

月曜

 

OFF

火曜

グラウンド練習                      グラウンド取得

水曜

グラウンド練習                      状況により随時

木曜

18:00〜20:00

フィジカルトレーナーによるトレーニング       変更します。

金曜

 

自主練習

土曜

 

公式戦・練習試合・練習

日曜
祝日

 

公式戦・練習試合
フィジカルトレーナーによるトレーニング(18:00〜20:00)

 ※土曜・日曜の活動時間は、試合開始時間によって異なります。

■入団納入金

入団金(入団時のみ)

  25,000円

団費(毎月)

 20,000円

フィジカルトレーナー講師料(毎月・任意)

 3,000円

登録費(毎年4月)

 2,000円

傷害保険(毎年4月)

 800円

ワッペン料(毎年4月)

 200円

保護者会費

 0円

大会協賛金

 0円

遠征費※

 基本0円

 ※  遠征費については2015年度 3,000円、2016年度 0円

■阪神ボーイズデータ

球団車両


専用マイクロバス


1台


専用ワゴン


1台

フィジカルトレーナー・コンディションスタッフ 


松下 優子

NATA公認アスレティックトレーナー
全米スポーツメディスンアカデミー公認パフォーマンスエンハンスメントスペシャリスト
全米スポーツメディスンアカデミー公認コレクティブエクササイズスペシャリスト
ファンクショナルムーブメントスクリーンスペシャリスト
テクニカカビラン公認筋膜リリースセラピスト


吉岡 秀之

神戸弘陵学園高等学校トレーナー、コーチ
大阪学院大学トレーナー、コーチ
大阪学院大学トレーナー、コーチ


よくある質問

Q.遠征時の選手の移動、野球道具の運搬はどうなっていますか?
A.マイクロバスと道具車を利用します。選手の遠征費、維持費は団費に含まれています。

Q.平日練習の指導体制はどうですか?
A.練習には必ず指導者がいます。また、平日練習は指導者による「個別指導」を主としています。週末の試合の課題を明確にし、選手一人ひとりの課題を絞って克服できるように個別指導します。


Q.卒団後の進路についてどのような方針がありますか?
A.本人の希望を大切にし、選手の性格やプレースタイルを考えて1人ひとりに進路指導をします。阪神ボーイズの指導目的は20歳まで野球選手として活躍することです。そのため、大学・社会人野球の進路実績のある高等学校をすすめています。

Q.費用について教えてください。
A.遠征費、大会協賛金、保護者会費などは団費に含まれています。

Q.指導方針や内容について知りたいのですが?
A.選手一人ひとりの能力に合わせて指導することに重点を置いています。そのため指導者と選手が接触する時間が他のチームに比べて長くなります。根本的には選手の自立を信じていますが、監督・コーチの指導がなければ選手は成長しません。1年・2年は一人ひとりの指導方針を明確にし、3年生になる頃には自分で問題点を見つけて改善していけるよう自立した練習を優先するようにしています。

■進路実績

東北 (岩手)一関学院高校
関東 (埼玉)花咲徳栄高校
    (山梨)日本航空高校
    (群馬)高崎健康福祉大学高崎高校
中部 (長野)創造学園高校
    (愛知)豊田大谷高校  
近畿 (兵庫)神戸国際大学附属高校 報徳学園高校 仁川学院高校 市立伊丹高校
    (大阪)大阪学院大学高校 大阪産業大学附属高校 扇町総合高校
中国 (岡山)作陽高校
    (広島)崇徳高校
    (島根)益田東高校
四国 (香川)香川西高校
    (愛媛)松山商業高校
九州 (宮崎)宮崎日本大学高校 日南学園高校
    (熊本)城北高校
    (長崎)海星高校

高校・大学・社会人などの進路詳細は こちら  卒団生(OB)の活躍は こちら